2016年8月22日月曜日

8月20日 石巻市ボランティアツアー

みなさんこんにちは (^o^)

今回は東北大学ボランティア支援室SCRUMさんと合同でツアーを行いました!

今回のツアーは仮設飯野川団地班と仮設大森団地班の2つに分かれて行われ、HARUは大森班に参加しました。

大森団地では夏祭りが行われ、様々なボランティア団体が焼きそばやそうめん、五平餅を振舞いました。

ちなみに......
五平餅は中部地方に伝わる郷土料理で、遠く愛知から来てくださったボランティア団体が振る舞ってくれました!


↓こちらは準備の様子です↓


多くのボランティア団体が協力し合い、準備に取り掛かりました。


↓いよいよお祭りがスタートです↓



天候が優れない中、住民やミュージシャンの方々に歌声を披露していただき、会場は大盛り上がりでした!


↓集会所の中も盛り上がっています↓



音楽の力によって、会場全体に一体感が生まれていました ♪( ´▽`)


多くの人々が集まり、一致団結して夏祭りを成功させることができました!

今後も大森団地では継続してボランティアを行って行きます。

次回以降も盛り上げていけるよう、頑張ります
\(^o^)/


2016年6月26日日曜日

6月25日 料理教室と寄席!?

みなさんこんにちは。

5月のミーティングで「料理教室プロジェクト」が正式に発足し、

6/25(土)に、プロジェクト化してから初めてとなる料理教室を開催しました。

場所はいつもお邪魔している石巻市の大橋仮設住宅です。

集会所に到着して会場設営…



2枚目の写真の左側には、なにやら固定されたテーブルと赤い布が…?



さて、記念すべき第1回料理教室のメニューは「おはぎ」だったのですが、

当日の朝にお米の炊飯をしてくださるなど、住民の方には準備の段階から大変お世話になりました。

ありがとうございました(*^_^*)

料理教室というイベントではありますが、こちらから指示をするのではなく、

お話をしながら一緒に、むしろ住民の方にコツを教えていただきながら楽しくつくりました。


おはぎは、あんこ・きなこ・ごまの三種類。


これがわたしのつくったおはぎなのですが、同じテーブルでつくっていたおじいちゃんに、

「あんこがへただな!俵型って知ってるか!」というお言葉をいただきました。

(ちなみに、きなことごまは"まあまあ"という評価をいただきました)

それでも味はどれもおいしかったですよ(*^_^*)



そして今回の料理教室ではただおはぎをつくって食べるだけではなく、なんと寄席をおこないました!

これまでになかった試みで、東北大学落語研究部さんにご協力いただき実現しました。

落語を披露してくれたのは、海亭ぺんぎんさん!



みなさん笑いながら楽しそうにご覧になっていました。

寄席終了後、次回作が楽しみだとおっしゃっている方もいらっしゃいました。

ぜひまた開催したいですね!



住民の方や落語研究部さんのご協力のおかげで充実した活動になりました。

プロジェクト化したことで今後も継続的に活動していくことになりますが、

今回のように住民の方に楽しんでいただけるようにがんばっていきたいと思います。




2016年5月1日日曜日

4月24日 石巻スタディツアー

みなさんこんにちは。

ちょうど1週間前に開催した「石巻スタディツアー」の活動報告です!

このツアーはHARUの新歓も兼ねており、

参加していただいた学生さんの多くは新入生だったのですが、

在校生や留学生の方にもご参加いただきました。

改めて、参加者のみなさんありがとうございました(*'ω'*)


さて、朝早くに川内キャンパスを出発したバスですが、

自己紹介やアイスブレークで盛り上がりあっという間に石巻へ。


最初に訪れたのは がんばろう石巻 の看板です。


テレビなどで目にしたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが…

実はこの看板は最近お披露目されたばかりの 二代目がんばろう石巻 なんです!

数年後この場所には復興祈念公園が整備されることになっており、

がんばろう石巻の看板も、追悼と復興の象徴として位置づけられるそうです。


次に、これまでのHARUのツアーでもお世話になっている地元の方に、

日和山公園や旧門脇小学校などを案内していただきました。





門脇小学校では校舎の1、2階には津波被害、3階には火災被害の跡が生々しく残っており、

同じ建物であるのに、その対照的な被害のようすが印象的でした。

旧門脇小学校は震災遺構として一部保存されることが決まっています。


午前中最後は、HARUの活動で震災後からお邪魔している大橋仮設住宅へ。

バスの中と仮設住宅周辺で自治会長さんのお話を伺いました。


なかなか聞くことのない、仮設住宅運営のお話に耳を傾けていました。


そしてお待ちかね!お昼は石巻やきそばです!


石巻やきそばの特徴といえば、茶色の麺と魚介の風味!

みなさん朝早かったということもあり、ぺろりといただいてしまいました。

本当においしいんですよ~。石巻にお出かけの際にはオススメです。


午後は2コースに分かれての市街地探索をおこないました。

Aコース…萬楽堂さん、ふれあい商店街、石巻NEWSeeさん

Bコース…ふれあい商店街、ISHINOMAKI2.0 IRORIさん、まちづくり情報交流館さん

にそれぞれお邪魔してきました。



わたしはBコースの引率を担当したのですが、

おいしい揚げたい焼き(石巻のソウルフード♪)を食べたり、

石巻でいろいろなプロジェクトを展開する若者団体に出会って刺激を受けたり、

改めて東日本大震災の被害や現在の課題を目の当たりにしたり、

とても有意義な時間を過ごすことができました。


そしてツアーの最後は全員でワークショップをおこないました。

AコースとBコースで見てきたことや感じてきたことをお互いに共有し、

今後どんなふうに石巻や東日本大震災とつながっていくかをそれぞれが考えました。





わたし自身もそうであったように、

今回参加者のみなさんになにかを考えてもらうきっかけになっていたら、

そしてなにより石巻の魅力をお伝えすることができていたら嬉しいです。

今年度のHARUの新歓は一段落しましたが、

活動やミーティングの見学は随時受け付けております(*'ω'*)

興味のある方はお気軽にご連絡ください(*'ω'*)



2016年4月4日月曜日

★2016新歓ツアー情報★

こんにちは。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

今回はわたしたち「東北大学地域復興プロジェクト"HARU"」が企画する

新歓スタディツアーのお知らせをさせていただきます\(^o^)/

今年度もHARUは新歓スタディツアーを開催します。

HARUメンバーと一緒に石巻の魅力発見に出かけてみませんか♪

---------------------------------------------------------------------------------
日時:4月24日(日)
  7:50 川内北キャンパス集合
  19:30 同場所解散

場所:宮城県石巻市

内容:がんばろう石巻・日和山公園・旧門脇小学校の見学、
   仮設住宅訪問、市街地見学、ワークショップなど
   (お昼は石巻やきそばを食べますよ!)

参加費:1000円(昼食代含む)

定員:30名

お申込:こちらへ必要事項をご記入ください

お申込締切:4月22日(金)
---------------------------------------------------------------------------------

これまでのツアーのようすを写真でご紹介します。






お申込はこちらからお願いします。

石巻の魅力をたくさんお伝えできるような企画を考えています。

みなさんの参加を楽しみにお待ちしています!

ツアーに関するお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

※チラシの締切は4/17(日)となっていますが4/22(金)に延長しました※







2016年4月3日日曜日

Tohoku”RE”days@東北学院大学

こんにちは!
HARUの西塚です。

報告になりますが、
先日の317日(木)に行われたTohoku”RE”days@東北学院大学にて、
HARUのあそいくプロジェクトがアクションプランコンテストに出場し、
最優秀プランとして表彰をいただきました!



Tohoku”RE”daysは今年で3回目を迎え、
東日本大震災からの復興や防災について
全国から集まった参加者の皆さんと課題を共有し、
解決のためのアクションを協働してつくりだすことを目的としたイベントです。
Tohoku”RE”daysHPhttp://tohoku-redays.com/


コンテストの審査委員を務めてくださった
矢部寛明様(NPO法人 底上げ 代表理事)、
其田雅美様(東北学院大学ボランティアステーション)、
佐野哲史様(一般社団法人復興応援団 代表)から
多くのアドバイスや評価をいただくことができたとともに、
参加者の皆さまからも感想やコメントを多数いただき、
震災ボランティア活動の1つのカタチとして受け入れられたのではないかと思います。
また、今後活動をするうえでの改善点や方向性についても
有益な情報をたくさん得ることができました。

あそいくプロジェクトから得たニーズをもとにして、2月~3月にかけて
「足湯ボランティア」「料理教室イベント」「震災教育スタディツアー」を開催したことは、
まだまだ自分たちにできることがある!ということを
スタッフ自身が実感するキッカケにもなりました。

震災から6年目が経つ中でも、
住民の方に寄り添い続けることで
私たちにできる支援活動はまだまだ見つかります。

来年度は、上の3つの企画を定期的に実施していきたいと考えています。
もちろん、新たな支援活動を生み出すあそいくプロジェクトも進行中です。

そのためには活動に参加できるスタッフが必要です!

4月には東北大学のスタートアップフェアにも参加しますが、
私たちの活動に興味のある方は
広報(お問い合わせ)までお気軽にご連絡ください(^^)



東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。