2018年7月19日木曜日

7月14日(土) 松林管理のお手伝い@山元町

こんにちは。HARUの橋本です。今回は、先日うかがった松林での活動について執筆いたします。

 
714日、わたしたちHARUは先月にひき続き、山元町の海岸林の跡地で草刈りのお手伝いをしました。この度わたしたちが活動をしたのは、昨年に松の幼木が植えられたエリアです。松はすくすくと育っており、腰の高さほどにまで生長していました。
 

いざ草取りの作業を始めると、夏の陽光がひどく照っていたこともあり、皆がけわしい表情になって、ことば数もいつもより少なくなっていました。雑草の中にはわたしたちの身長を超える大きなものや、地中広くに根を張りめぐらしているものもあり、やはり作業はとても骨の折れるものでした。
 
 
しかし、潮風が吹いていたのでそれは心地よかったです。また、作業のあとには現地の方に梅ジュースをごちそうしていただきました。疲れたからだに染みわたる、この季節ならではの一杯です。とてもおいしかったです。
 
草刈りの作業は、木を植えてから3,4年ほど継続してゆかなければならないそうです。これからもこつこつと活動をつづけ、松林再生の力になれればよいなと思います。
 
~本活動の一句~
   陽をうけて 育てよ若き きぼうの木
 
 

2018年7月12日木曜日

7月8日(日) 写真展@大橋団地仮設

 
 
こんにちは!今年の5月からHARUに入りました吉田です。よろしくお願いします。
 
今回私たちは、78()に石巻市大橋仮設団地で写真展を開催しました。写真展では、いままでのHARUの大橋団地仮設での活動の様子を撮影した写真の中から、住民の方が気に入った写真の販売のほか、お茶会をしました。
 
  
写真には住民の方々との先輩方の今までの活動の様子が記録されており、とても勉強になりました。
 
 
お茶会では、参加してくださった住民の方々と、サッカーのワールドカップなどのお話をしました。テレビで観戦されていた方もいて、とても盛り上がりました。
 
またそのほかにも、フルーツポンチをいただきました。暑い夏に冷えたフルーツポンチは絶品です!
 
今回、私は初めて大橋団地仮設に行かせていただいて、仮設団地から他の所へと移動される方もおられるためか、静かなように感じました。これからも仮設住宅の現状に寄り添った活動をしていきたいと思いました。
 




2018年6月28日木曜日

6月23日(土) 松林管理のお手伝い@山元町

こんにちは、4月からHARUのメンバーになりました横山です!よろしくお願いします。

623日(土)、先月に続いて宮城県山元町の松林管理のお手伝いをしました。今回は主に草刈りを行いました。
炎天下での作業ということもあり思ったより疲れました…。私自身今回が初めてで、草刈り=小さな草(いわゆる雑草)を抜くのだと思っていましたが想像以上に大きく驚きました。抜くのもただ力を入れればいいのではなく根から抜くのにはコツがいるのだと思いました。


ただ地元の方や経験者いわく、今回は土も柔らかくラスボス(!?)もおらずだいぶ楽だったとのことでした。震災前の青々とした松林再生に向け、微力ながら貢献できたのではないかと思います。

次は714日(土)にまたお手伝いに伺う予定です。ラスボスとの戦いに備え(!?)じっくり英気を養っておきたいと思います!今後もよろしくお願い致します。


2018年6月2日土曜日

5月26日(土) 松林管理のお手伝い@山元町


こんにちは!5月からHARUに加入しました鈴木です!これからHARUの一員として頑張ります!

5月26日に、私たちHARUは山元町の松林管理のお手伝いをしました。主に松をポットから植えかえる作業を行いました。
NPO法人「生命と環境保全」の御二方と共同で作業し、松の植え方を詳しく教えて頂きました。私は初めて松林再生の活動に参加したのですが、松がちゃんと育つためには様々なことに注意して植えないといけないことに気づきました。

松林は一面に広がっており、今後数年間は手入れが必要だと伺って、松林を管理するにはたくさんの人々の継続的な協力が必要だと感じました。
私たちHARUはこれからも松林に行って成長を見守っていきます!山元町の方々に広大で美しい松林を見ていただけるよう、松林管理のお手伝いに積極的に関わっていきたいです。

仙台に帰ってからはミーティングを行い、5月に行った活動の反省と、今後の活動について話し合いました。山元町や石巻の方々に元気を与えられるように、また地域の活性化に繋がるように、これからも一生懸命活動していきます!

2018年5月8日火曜日

5月4日(金) 春の遊び隊@山元町~チョコバナナ~


 こんにちは! 今年の4月からHARUに入った町田です。これからもHARUとして活動に参加させて頂きますので、よろしくお願いします!

 今回は、山元町で行われた春の遊び隊の活動に参加し、HARUはお祭りのブース出展をして、チョコバナナを販売しました~🍌

まず、山元町へ訪れたことが初めてでしたが、地元の方々は非常に明るく、とても優しく、山元町のほのぼのとした雰囲気も相まって、非常に和みました。子どもたちはというと、前日のフラワーアートの活動でも痛感しましたが、その小さな体からはそう簡単には想像が出来ない程、非常に元気いっぱいでした!僕も子ども達のその元気な姿から元気をいっぱいもらいました!ありがとう!




さて、チョコバナナ販売について語ろうと思いますが、その前に、太鼓の発表がありました。和太鼓の迫力ある音が体の奥底から体中に響き渡り、まるでそこにいた人々の“遊びたい!”という気持ちを奮い立たせているようでした!僕も“チョコバナナを食べたい!”という気持ちが高まりました(笑)

 “やはり和太鼓は格好良いなぁ”と思いつつ発表に心酔していると、いつの間にか発表が終わり、僕たちもチョコバナナ販売に向けて準備を始めました。

 



ブースと看板を設置し、調理場からチョコバナナが運ばれ、遂に販売が始まりました!

実はブース設置の前、看板に気づいた子ども達が“チョコバナナはどこで売っているの??”と販売前にして楽しみに待っていてくれており、そんな子ども達がニコニコしながらブースまで買いに来てくれる姿に、僕は嬉しさで胸がいっぱいでした!また、チョコバナナの調理が販売スピードに追い付かず、せっかく来てくれた子ども達にすぐにチョコバナナを売ってあげられないことがあり、本当に悲しそうな顔をした子供の姿が今も脳裏に焼き付いています。もちろん、子ども達に限らず、老若男女関係無く、多くの方々がチョコバナナを買いにいらして下さいました!その方々も笑顔で買ってくださり、幸せいっぱいでした!


 
天気も最初は雨でしたが、みんな、特に子ども達の“遊びたい”という気持ちのおかげで、午後に向かい次第に晴れてきて、最終的には元気に走り回る子ども達の姿が見られたことが非常に嬉しかったです!

販売終了後、バナナの余ったコーティング用チョコ等を少し頂き、“チョコバナナを食べたい!”という気持ちも充足し、非常に充実した一日となりました!

山元町の皆さん、チョコバナナを買ってくださった皆さん、HARUのチョコバナナ販売に協力していただいた皆さん、その他多くの方々、本当にありがとうございました!
 

~おまけ~



~帰りの車内から~(撮影:辻井さん)
 
 
東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。