2019年10月10日木曜日

10月6日 第5回 山元はじまるしぇ


こんにちは!最近、山元町に入り浸りすぎて、ついには終電を逃してしまった町田です。

今回は、106日に開催された「第5 山元はじまるしぇ」について書きたいと思います。



昨年は山下で行われましたが、今年は坂元の「やまもと夢いちごの郷」にて行われました!




昨年度は台風の影響で、2ヶ月ほど延期してしまい、朝には雪が降ってしまうなど、天気に恵まれたとは言い難いものでした



今年はというと、開催の10日前程に「台風発生」のニュースが。そして実行委員長からは、LINEで「人事尽くして天命を待つしかない」とのお言葉が



しかしながら、結局台風の影響は大きくなく、無事に106日の開催を迎えることができました。しかし、まさかの朝から雨

朝からびしょびしょになりながらもテントやタープの設置を進めました。



ですが、人事を尽くして天命を待ったおかげ(?)なのか、天気は次第に雨から曇り、曇りから晴れへと変化し、お昼頃には晴れ間がのぞきました。



天気の話はこれくらいにして、次は出店のお話です。



今年は、山元はじまるしぇが始まってから初めて学生ブースが実現しました。



我々「東北大学地域復興プロジェクト”HARU”」をはじめとして、東北大からは「SCRUM」さん、「たなぼた」さん、「AsOne」さんのメンバー、東北学院大学のボランティアステーションのメンバー。そして、全国で幅広く活動をされている「国際ボランティア学生協会IVUSA」さんのメンバーと合同で企画を行いました。



内容としては、チェキを使った撮影会、フォトフレームのデコレーションです。





初の試みで非常に不安でしたが、最終的には70人ほどのお客さんが来てくれるなど、大盛況となりました!

そして、山元町のイベントではお馴染みのクラウンさんもいらっしゃり、学生ブースのテントが設置されていた芝生スペースでは、多くの子供たちが、笑顔で遊び回っていました!



僕個人としては、学生出店のブースに張り付き状態だったので、なかなか他のお店に足を運ぶ時間がありませんでしたが、今回の学生参加者がいろんなお店の食べ物を食べて喜んでいるところを見て、実行委員としても非常に嬉しかったです!



山元はじまるしぇは今後も続いていきますが、実行委員として関わり続けたいと思います!



山元はじまるしぇ実行委員会の皆さんをはじめ、学生出店に関わった学生の皆さん、来場者の皆さんなど、本当にありがとうございました!



2019年10月3日木曜日

9月21日 HARUだっ茶@石巻市門脇西復興公営住宅


みなさんこんにちは!HARUの藤城です😊



朝晩の冷え込みがだんだんと厳しくなって来ましたね…

私事ですが、妹がインフルエンザにかかってしまいました😢私と違って流行の最先端を行く妹ですが、ここで発揮して欲しくなかったです…

気温差が大きくなってきているので、みなさんも体調にはお気をつけください💦



さて、私達は921日(土)に門脇西復興公営住宅を訪れ、住民さん主催のカラオケ大会に参加させていただきました。住民さん主催のお茶会に参加したのは今回が初めてだったので、どんな雰囲気なのかなとドキドキしながら向かいました。


実際に行ってみると、HARUのお茶会では見かけたことのない住民さんもいらっしゃって、とても賑やかな様子でした😆カラオケが始まると、様々な方が歌声を披露してくださりさらに場が華やぎました。我々学生3人もマイクを渡していただき、住民の皆さんの声援のもと、楽しく歌わせていただきました!






普段のお茶会はお茶会の運営で頭がいっぱいになってしまうことが多いですが、今回のお茶会は住民さんと同じ「参加者」として輪に加わることができ、より住民さんと近い距離感でお話しすることができたかなと思います。







今回のお茶会を通して感じたのは、お茶会を住民さんが主催できるような状況が整ってきていることがとても嬉しいなということです。一方で、お茶会を学生が行うことに、どんな意味を持たせられるのかをしっかり考えていきたいなと思いました。





次は芋煮会にお誘いいただいています♪それを楽しみに、後期も頑張ろうと思います!!




2019年9月30日月曜日

9月22日 やまもとスポーツまつり 2019


こんにちは!HARU2年の岡村です。

今回は9月22日に山元町で行われた「やまもとスポーツまつり2019」の報告です。

いっぽこ合宿の企画から生まれて今年で3回目の開催でした!天候は雨でしたがたくさんの方が参加してくださいました。SCRUMさんからも参加ありがとうございます!!

どの競技も白熱した戦いでしたが、その中のいくつかを紹介していきます!



開会式では地元の空手クラブ「剛柔会」の皆さんが演舞を披露してくださいました。なんと全国大会優勝レベルの実力を持っていて、演舞の内容も子どもたち自身で考えたそうです。あまりの迫力に見入ってしまいました!本当に素晴らしかったです👏👏






「島渡しゲーム」という競技を行いました。簡単に説明すると、51組で二枚の段ボールを乗り継いで他のチームよりも早くゴールを目指すという感じです。狭い段ボールにいかに上手く全員乗るか、いかに早く段ボールを回していくかがポイントなのでチームワークが大事でしたね~ でも思ったよりも皆さん速い速い。(笑)勝敗も僅差で決まりました。






続いては「宅配便リレー」。箱をバトンタッチするごとに積み上げていって落とさないようにゴールするゲームです。載せる箱が増えるにつれバランスをとるのが難しくなるので両チームとも苦戦していて、見ている側もハラハラしました💦すごく盛り上がって子どもたちも大きな声で応援していました!





また、山元町で活動している「YVC虹」の皆さんが障害物競争を企画してくださいました。大玉送り、借り物、デカパン、仮装でリレーしましたが、とても凝っていてすごく面白かったですよ!YVCの皆さん、楽しいゲームを考えてくださってありがとうございました!!

ちなみに、こんな仮装をしました(笑)

↓(鬼とサンタさん)






最後の競技はリレーです。何とか雨が止んで外で走ることができました。

やはりリレーは大変盛り上がりますね!逆転があったりして、良い戦いでした!参加者の方からも「リレーが楽しかった」とのお声をいただきました。



最後は岩佐孝子さんのレクチャーのもと、山元音頭で締めくくりました。

最後の最後まで本当に盛り上がりましたよ~!






一日とても楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。何より親子で協力する姿や子どもたちの楽しそうな笑顔を見られたことが本当に嬉しかったです。参加者の皆さんの素敵な思い出になったらいいなと思います。また、このスポーツまつりが今後さらに発展してもっと多くの方に楽しんでいただけるようにずっと続いていくイベントにしたいですね。

山元町生涯学習課の皆様、YVC虹の皆様、準備からご協力してくださり本当にありがとうございました!


そして最後に、
この活動は、Yahoo!基金の助成を受け実施することができました。感謝申し上げます。
Yahoo!基金

2019年9月9日月曜日

荒浜ロック2019@亘理町荒浜地区



 こんにちは!HARU1年の菅野です。初めて執筆します。
91日「荒浜ロック2019」に参加させていただいたのでそれについての記事になります!
荒浜ロックとは亘理町荒浜で行われる大きなイベントで、多くのアーティストが音楽でイベントを盛り上げてくれます。他にも、焼き鳥や焼きそば、たこ焼きにかき氷など、お店を回るだけでも十分楽しめるほど数多くのお店が出店していました。


私たちは設営やアーティストの物販コーナーなどをお手伝いさせていただきました!非常にたくさんの方が来場しており、まさに""といった雰囲気でした。

イベントにはアーティストの他にもわたりんやむすび丸などマスコットキャラクターも来場していて、厳しい暑さの中顔色一つ変えず愛嬌を振りまく姿に感銘を受けました()

アーティストの方々の素晴らしい演奏を聴きながら、美味しいご飯やスイーツを食べ、マスコットキャラクターたちと触れ合う。暑さを忘れて満喫してしまいました()

ただイベントを楽しめただけでなくその運営のお手伝いをできて非常に光栄でした!

どれだけ多くの人がこのイベントを成功させるために裏で尽力しているのか、また人を楽しませる音楽の力というものを知ることができました。

荒浜ロックの"ロック"とは音楽のジャンルの"ロックンロール"では無く、前に進む"力強さ"、亘理町の賑わいを取り戻すという"固い決意"を表してるそうです。今回、このイベントに参加させていただいてそういった"ロック"を感じることができました。

今年HARUに加入してから非常にたくさんの新しいことを経験、知ることができました。これからも様々な活動を通しながら多くのことを学んでいきたいと思います!

まだまだ暑い日が続きますが、音楽を聴いてリフレッシュしながら頑張りましょう!

2019年8月21日水曜日

門脇夏祭り@かどのわき中央公園



817日  門脇夏祭り


久々に筆を執らせて頂きます!HARU3年の佐々木邦夫です。

今回は17日に行われた石巻市の沿岸部の門脇地区で行われた夏祭りについての記事です!!!
このお祭りは門脇東と西復興公営住宅に住む方々が中心となって運営されています。場所も2つの住宅の間にポツンとある公園で行われました!


焼きそば、トウモロコシ、きゅうりの浅漬け、かき氷・・・
出されたもの全て美味しくて、たくさん食べてしまいました(お盆期間の食欲やばい汗)。
新鮮な野菜は矢本などの内陸の地域の協力を得て提供されているそうで、沿岸部と内陸部の結びつきというものも感じられました。

私たちは子供向けのブースを担当させていただきました。
輪投げ、ストラックアウト、スーパーボールすくい、どのコーナーにも真剣な目をした子供たちの姿がありました(たまに大きな子供?の姿もありましたが笑)。
私たちは普段、西公営住宅で活動をしているのですが、あんなに多くの子供の姿を見たことがなかったので少し驚きました。

お祭りの最後は夏の風物詩である「スイカ割り」が行われました!
少しスイカに同情するほど、子供たちはスイカめがけて容赦なく木刀を振り下ろしていました。
上手く当たった時のドヤ顔がなんとも言えず可愛かったです!

今回のお祭りでは普段の活動ではあまり関わることのできない方々との出会いもあり、大変貴重な経験をさせて頂きました。
皆さん年齢に関わらずとても元気で、門脇のパワーを感じました。

また、ある住民の方に空いた時間に港の方へ連れて行っていただき、当時の状況や復興の過程などのお話しから改めて震災について学ぶことができました。
このお祭りは震災を機に内陸へ移動してしまった人たちがまた沿岸部へ来るきっかけになればなと思います。
来年以降もこのお祭りに是非関われたらなと思います。


 個人的には人生初の“はっぴ”を着れたのが嬉しかったです!

はっぴを着れてハッピー♪ なんつって



東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。