2013年12月30日月曜日

11月24日 いちごプロジェクト活動報告 写真撮影会!


こんにちは!

 

10月27日のブログでは

いつもお世話になっている山元町のいちご農園で行った

写真撮影会のリハーサルの様子をお伝えしましたが・・・
http://tohokugakuseifukko.blogspot.jp/2013/10/1027haru.html
 

先日その写真撮影会の本番を行ってきました!!!

 



農園の方が手作りしたおおきな旗や

いちごのぬいぐるみなどを使って

撮影を進めていきました。

 
 


 

これ、すごく細かいところまで丁寧に作られているんです!!(すごい・・・)



当日はたくさんの方に参加していただき

天候にも恵まれてたくさんの写真を撮ることができました。



 
ケーキをイメージした

衣装で撮影も行いました。

 

真ん中には新婦と新郎も!!
 



参加してくださったみなさんありがとうございました。

最後には本物のウエディングケーキをみんなで堪能しました


 

おいしかったー!

(山本実季)
PS:これらの写真は農園のポスター等になる予定です。
  農園のHPはこちら。http://ameblo.jp/hanzawa15nouen/ 

2013年11月17日日曜日

11月16日 石巻自習室 将棋とお絵かき対決!

こんにちは!!
教育支援プロジェクトの狩野です。
 
今回は小学5年生と3年生の2人の男の子が来てくれました。
参加スタッフは福田と狩野でした。
1時間ほどスタッフと一緒に
将棋やお絵かき・ペーパークラフトなどをして遊びました。
 

2人とも将棋が得意なようで、私はルールがわからず見ているだけでしたが(汗)
対戦したスタッフに勝ってとても楽しそうでした。
 
 
また、ホワイトボードに絵を描いて何の絵か当てるようなゲームをしたり
地球の模型を作るペーパークラフトを作ったりしました。
 
 
ペーパークラフトは少し難しかったかも...?
次はもう少し簡単に作れるものに挑戦してみましょうね!

また、子どもたちは元気いっぱいで、体を動かしたがっているように感じました。
室内で走り回ったり物を投げたりするのは危険なので、
その点は注意しつつ、室内でも体を動かせる遊びができればいいですね。

 
初めは、2人で遊んでいましたが、
途中からはスタッフも一緒に遊ぶことができ、
学校のことや好きなものなどについての色々な話ができたので、よかったです。

次回の活動日は、12月14日(土)10:00~13:00です。

寒くなってきましたが、風邪などに気を付けて元気に過ごしましょう!
 
 

2013年11月7日木曜日

大学祭 成功のご報告

こんにちは!教育支援プロジェクトの福田です。

11月1日(金)〜3日(日)の3日間、
ついに東北大学祭が開催されました!

天候にも恵まれ、多くの方に足を運んでいただきました(^^)/

 
 
 
 
私たちの予想をはるかに超え、
何度も追加で商品を注文するほどの大盛況でした!
 
 
大学祭ということもあり、東北以外の地域からいらっしゃった方も多く、
「東北とつながろう!」のキャッチフレーズに賛同していただいたようでした。
 
また、普段のHARUの活動についても紹介させていただき、
「これからもがんばってね」といった温かいお言葉をかけていただきました。
 
商品を購入していただいた方以外にも
今回の大学祭での私たちの活動を多くの方に発信できたのではないかと思います。
 
今年の5月頃から少しずつスタートしたこの大学祭での企画。
多くの方に支えられて、無事に大成功を収めることが出来ました!
震災から2年半以上が経過した現在、
多くの方とともに復興を応援できたことを嬉しく思います。
 
 
仕入れた商品は完売でした!
ありがとうございました!

 
最後に、
大学祭での企画にあたって取材など協力してくださった皆さま、
当日、HARUのブースに足を運んでくださった皆さま、
サポートしてくださった皆さま、
本当にありがとうございました!
 
 

2013年10月31日木曜日

10月20日 足湯プロジェクト活動報告

こんにちは。足湯プロジェクトの阿部です。
 
私たちは10月20(日)に山元町町民グラウンド仮設で足湯の活動を行いました。
この日は、天気が大雨でさらに、住民の人達が午前中に体操を行っていたそうで、
おばあちゃんが3人と子供2人の計5人の方々しか集会場に来ていませんでした。
 
しかし、子供たちは元気にプロジェクトメンバーの人と遊んでいて、
おばあちゃんたちも楽しそうに私たちとお話しをしていたので、
5人の方々に楽しんでもらえていたなら、それだけでも私たちが来たかいが
あったのかなと思いました。
 
さらにこの日お越しに来てくれた方々は前回も来てくれた人たちだったので、
足湯プロジェクトが住民の人達に浸透しつつあるのだと実感し、うれしかったです。
 
次回は多くの人達が来てくれること楽しみにしています。
 
 
 

2013年10月28日月曜日

学祭企画 第四弾!

こんにちは。足湯プロジェクトの榎本です。
 
今回は学祭で販売する「オクトパス君」を作っている
「入谷yes工房」に行ってまいりました!

入谷yes工房では、オクトパス君グッズだけでなく
まゆ細工や間伐材を利用した製品などの作成もおこなわれています。



この日は「南三陸復興ダコの会」

広報・デザインの大森さんにお話しをうかがってきました。

 

Q,オクトパス君を作り始めたきっかけを教えてください

もともとタコは南三陸の名産だったのですが、
地元の名産を生かし何か作れないかということで、
タコの英語表記のオクトパスと、置くと(試験を)passするという
二重の意味でオクトパス君の文鎮を製作しました。
 




Q,震災後の製作状況は?

最初は避難所で、傷ついた心を癒す為に色塗りから再開しました。
現在は全国的ゆるキャラブームということで、
かわいらしさを全面に押し出し、
より多くの方に手に取っていただきたいという思いで製作しています。

 

Q,大学生へのメッセージをお願いします。

文鎮は何度も色塗りを重ね、思いを込めて作られています
皆さんにはその思いを受け取ってほしいし、
これを機会に南三陸町を知っていただけたらと思います。
 


 

大森さんありがとうございました!

入谷yes工房では工房見学も受け付けています
またYouTubeで「オクトパス君ちゃんねる」といったものも
見ることができますよ~



以上、オクトパス君の紹介でした。
学祭では多くの方に手に取っていただけたらと思います!
 
 
【東北大学祭】
日時:11月1日(金) 10:00〜19:00
        2日(土)   9:00〜19:00
        3日(日)   9:00〜16:00
場所:東北大学川内北キャンパス
 

 
南三陸復興ダコの会 http://ms-octopus.jp/
 
オクトパス君ちゃんねる http://www.youtube.com/user/OCTOPUSKUNCh

10月27日(日)HARUいちごプロジェクト活動報告

こんにちは!

HARUの井上です。

私たちは昨日、いつもお世話になっている山元町の半澤いちご農園さんのところで活動してきました。

今回の活動内容は、なんと、、
ポスター・年賀状用の写真撮影会のリハーサル でした。

「なんだそれ?」と思う方がほとんどだと思いますので、簡単に説明します。

半澤いちご農園では、昨年、これまで来て下さった述べ1500人以上のボランティアの方に感謝の気持ちを表現しようということで、ボランティアの学生を中心とした写真撮影会を行いました。

昨年の様子:http://ameblo.jp/hanzawa15nouen/day-20121201.html

今年も去年同様に感謝の気持ちを表すとともに、復興予算で建設された新ハウスや半澤家での新しい命の誕生など「新」をテーマに11月24日(日)に撮影会を行うことが予定されています。

今日はそのリハーサルで、当日のアングルや構図決めなどをやりました。



 
(個人情報保護のため、一部画像を加工しております。)

写真は他にもたくさん撮ったのですが、リハーサルということで今日はこれだけにしておきます^^

さて、「じゃあ11月24日の写真撮影会に参加したいんだけど」という方は、以下のFacebookのイベントページに参加を押していただくか、kohoあっとまーくharu-tohoku.orgまでご連絡ください。

写真撮影会イベントページ
https://www.facebook.com/events/469190446521518/

よろしくお願いします。

2013年10月26日土曜日

学祭企画 第三弾!

こんにちは。足湯プロジェクトの大泉です。


今回は「ころころにこまる」を取材してきました!

 
あすと長町にある「えんがわ」というコミュニティサイトで
震災のあった12月くらいから、被災した方とボランティア合わせて
10名ぐらいで活動している団体さんです




「ころころにこまる」を作成している工房を
訪問することはできなかったのですが、
代表である大橋さんとお話をうかがってきました。

 
Q,ころころにこまるを作り始めたきっかけを教えてください。
もともと「にこまるプロジェクト」としてクッキーを作る予定でしたが、
クッキーを作るには場所などが限られてきてしまいます。
そこで、どこでも、だれでも作れるような、
かつ、にっこりマークでかわいい小物を作りたいということから
「ころころにこまる」がうまれました。
 

Q,震災から二年半、現在の販売状況は?

大変好評をいただいております。
買ってくれるたびに、あの地震のことが忘れられていないんだなと思います。
 

Q,大学生へのメッセージをお願いします。

時間がたてば、どうしても被災地のことを忘れていってしまうと思います。
こういった商品を通し、被災地では今も懸命に頑張っているということを
忘れないでほしいです。 


大橋さん、貴重なお話をありがとうございました!



第四弾は南三陸復興だこの会の「オクトパス君」です!

お楽しみに~





【東北大学祭】
日時:11月1日(金) 10:00〜19:00
        2日(土)   9:00〜19:00
        3日(日)   9:00〜16:00
場所:東北大学川内北キャンパス
 
 

 
にこまるプロジェクト http://mukago.jp/nicomaru/



10月19日 石巻自習室 百人一首でかるた

こんにちは!教育支援プロジェクトの福田です。

今回は百人一首を使って、かるたをしました。

 
百人一首の正式なルールではありませんが、

少し枚数を少なくして、スタッフと対決しました!
 
耳で聞いた音と、古語の表示を見ながら
「これかな??」とスタッフに確認しながら
かるたあそびを楽しみました。

百人一首の札では「お」が「を」になっていたり、
現代では見慣れない「ゑ」の文字が書かれていたりと
少し苦戦するところもありましたが、
学ぶことが多かったのではないかと思います(^^)

対決の結果はこどもの勝利でしたー!
百人一首は初めてだったようですが、
普段はやらない遊びは新鮮だったのではないでしょうか?


百人一首を通して、古語や歴史に触れることができましたね!
あそびも勉強だと感じた活動でした!

2013年10月8日火曜日

学祭企画 第二弾!

こんばんは。HARUいちごプロジェクトの山口です。
 
今回は学祭で販売するいちごのアクリルたわしを作っている、
NPO法人 亘理いちごっこ」にお邪魔してきました~!
 
 
 
いちごっこでは、カフェレストランとしておいしい食事や
亘理町のいちごを使ったパフェなどのデザートをいただける他、
先ほど紹介しましたたわしや、ストラップも販売しています。
 
 
いちごっこ代表理事の馬場照子さんにお話を伺いました。
 
Q1.いちごのアクリルたわしを作り始めたきっかけを教えてください。
 
 
  震災後に手作りサークルを立ち上げました。
  眠れない日々が続いたので、
     家でも楽しい手仕事ができるように、と活動していました。
  そして"いちごっこたわし"が作られて、これを商品化できないか、と考えました。
 
Q2.震災から2年半が経過しましたが、現在の販売状況などを教えてください。
 
  大学生や高校生による委託販売が今でも続いており、輪が広まりました。
  一方で、やはり復興グッズは見向きもされなくなってきています。
  楽しくないと人も集まらないので、新しい商品にも挑戦しています。
 
Q3.学生に向けてメッセージをお願いします。
 
  今、被災地は"宝"です。
  マイナスからのスタートだからこそ、
     そこに自分がどう関わるかで、学べることがたくさんあります。
  何かをしてあげようと思うと苦になって足が遠のいてしまうので、
     そうではなく、"自分が"何を学べるか、見つけるのです。
  まず足を運んで、"自分たちの学びへ"と視点を変えてみてください。
 
 
馬場さん、貴重なお話をいただきありがとうございました!!
 
これからも学祭について紹介していくので、

次回もお楽しみにo(*^o^*)o
 
 
【東北大学祭】
日時:11月1日(金) 10:00〜19:00
        2日(土)   9:00〜19:00
        3日(日)   9:00〜16:00
場所:東北大学川内北キャンパス

 
 NPO法人 亘理いちごっこ: http://watari-ichigokko.blogspot.jp/

2013年9月28日土曜日

9月22日 いちごプロジェクト活動報告

こんばんは!
HARUいちごプロジェクトの山口です。
本日も楽しく活動してきました~
 
今日は農作業ではなく、ポプリ(におい袋)作りをしました^^*
縫い合わせた生地に、ラベンダーと綿を詰めて、いちごの形になるよう口を閉じてリボンで結びます。


 
このリボンを綺麗に形作るのがかなり難しく、皆で悪戦苦闘でしたね(笑)
ちなみに、ラベンダーは農園のお父さんが一生懸命育てたものです。
お母さん曰く、イメージは「時をかける少女」だそうです。
 
また、井上さんとお母さんたちは、農園の経営方針について真剣に話し合っていました。
今年度から農地面積がいままでの30aから80aになるので、人件費や売上のことを震災後のデータをもとに分析していたようです。

 
次回の活動も楽しみですね(^ω^)
 
PS)11月24日に農園で販促用チラシ用の写真撮影会をやります。お申し込みは以下のURLからお願いします。

2013年9月23日月曜日

学祭企画 第一弾!

こんにちは。教育支援プロジェクトの狩野です。
たちは、「東北とつながろう!」というスローガンのもと、
11月の大学祭で東北に関連した商品を売り、
復興の応援をするための準備を進めています


販売する5つの商品が決定しました!

・南三陸のオクトパス君
・長町のころころにこまる
・亘理のいちごっこたわし
・釜石の釜石ラスク
・気仙沼の潮騒ダー

現在、メンバーで分担し、商品の仕入れなどの交渉を行っています!


そこで!!
今回は、気仙沼の「潮騒ダー」について詳しく紹介します。

 
気仙沼の潮騒ダーは、気仙沼にある「千葉一商事」の千葉清英さんが、
トレボン食品さんに製造を委託した商品です。

千葉さんに「潮騒ダー」について
お話を伺いました!
 
 
Q1.潮騒ダーを作り始めたきっかけについて教えてください。

気仙沼は古くから塩づくりが盛んでした。

その気仙沼で塩を作っていた方が、東日本大震災でお亡くなりになり、
その後、その遺志を継ぐために地元の方々が再び塩を作り始めました。

そこで、千葉一商事の方々は、その塩を使って何か作れないかと考え、
気仙沼をアピールできる商品として「潮騒ダー」を考案し、
トレボン食品に製造を委託することにしました。
 
 
Q2.震災から2年半が経過し、販売の状況はいかがですか?
 
このサイダーは今年の5月から販売を始め、評判はとてもよく、
口コミや物産展での販売、飲食店での提供を通して、
販売地域は拡大しつつあります。


Q3.「潮騒ダー」のおススメポイントを教えてください!

地元気仙沼の岩井崎の塩を使用し、
口当たりのよい点がおススメポイントです!


取材に協力していただいた千葉さん、ありがとうございました!
みなさんもぜひ「潮騒ダー」味わってみてください。

 

他にも、東北大学祭では
東北に関連した商品を販売します!

みなさんも、このような商品を通して、復興の応援をしてみませんか?

販売場所は、東北大学川内北キャンパスのA棟前です。

ぜひお立ち寄りください。お待ちしております。

 

【東北大学祭】
日時:11月1日(金) 10:00〜19:00
        2日(土)   9:00〜19:00
        3日(日)   9:00〜16:00
場所:東北大学川内北キャンパス
 
千葉一商事 0226-22-1098  
トレボン食品株式会社 0222-56-4137

 

2013年9月19日木曜日

8/2(金)チームドルフィンドリームさん&栃木県小山西高校JRC部の活動にお邪魔してきました。

こんにちは!

広報の井上です。
最近は院試勉強でお休みをいただいていたので、更新が遅れました、すみません。。。

さて、先月になりますが、タイトルの通りチームドルフィンドリームさんと栃木県小山西高校JRC部の活動にお邪魔してきました。

チームドルフィンさんとは以前からお付き合いがあって、被災各地の仮設住宅をまわってフットマッサージを中心に活動されている団体です。

この日は、仙台市長町のあすと長町仮設の集会所で活動ということでした。

その活動に小山西高の学生さんが合流され、「現地の学生の話が聞きたい」ということで、HARUの活動紹介を中心にお話してきました。

 
 
こんな感じにみんな真剣に聞いてくれました。
 
 
先日で、震災が始まってから2年半が経ちました。このブログもボランティア関係の方を中心にご覧頂いていると思いますが、この時期の活動というのは難しいものがあると思います。
 
 
直後の生活支援と呼ばれるフェーズから、お祭りなどをして元気を出してもらおう!と色々動いたフェーズを経て、割と最近は安定し始めたのかなと感じることもあります。
 
 
このような状況になり、各団体さん悩まれて活動されていると思いますが、これからは一方的なサービスの提供から「現地の方とともに何かする」という方向に変わっていくのがいいと思います。(すでにそうされている団体さんも多いですが)
 
2年半が経ってようやく口を開けるようになった人もいますし、なかなか近所の人には話せない(被災された方は他の方の方が被災状況が大きいことを懸念してお互いに話したがらないことも)ので、学生に話してくれることもあります。
 
そこで、ぼくらが何かできるということはないのかもしれませんが、少しでも心のもやもやが晴れたらいいななんて思います。
 
とまぁ少し話が脱線しましたが、要は2年半も経ったのに支援に来てくれた小山西高校のみんなに感謝ということです!
 
どうもありがとう(^-^)
 
 
色紙いただきました!
 
 
栃木県小山西高校JRC部 http://www.koukouseishinbun.jp/2013/05/8969.html
チームドルフィンドリーム http://flat.kahoku.co.jp/u/volunteer13/lbDFLAzun7eZrY2EHUxq/

2013年9月11日水曜日

9月11日 立教大のみなさんと

こんにちは。HARU今野です。

いつもお世話になっている山元町のいちご農園にいってきました。
今日は、立教大の学生さんの活動に、
わたしたちHARUメンバーのふたりがご一緒させてもらいました♪♪

 


今日のお手伝い内容は、
アイポットからオレンジ色のピンを抜き取って
ランナーの色別に分ける、というものでした。
 
 
 
 
↑これから仕分けていくアイポットたちです。
まずアイポットに刺さっているピンを抜いていきます。
そしてランナーの色ごとに分けていくのですが、
ランナーとは、親株からニョキニョキ伸びているツルのようなものです。
これが緑色のものと黒色のものに分けていきました。
 
 
 
 
 
↑黒色ランナーの苗箱です。
分かりにくい写真ですが、
アイポットから黒色のものが伸びているのが見えますか??(>_<)
 
みんなでおしゃべりをしながら、わいわい作業をしましたが
お仕事は予定していたよりもだいぶ早くに終わりました。
抜いたピンは、ふたり分でなんとこんなに\(^o^)/
終わったあとはみんな達成感でいっぱいでした!!
 
 
 
 
立教大のみなさんは明日東京に戻られるそうです。
今日は一緒に活動できて本当によかったです!ありがとうございました(*^ω^*)
 
 
東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。